心療内科の治療

<心療内科の治療>

治療の原則は、心身の統合です。体がストレスでゆがんで自分の体の弱い部分に障害がでます。それに対しては、内科的治療薬の投与を行い、体のゆがみを少しでも、改善します。同時に、ストレスそのものに対する薬物療法と心理療法を行います。”私はストレスで参っています。””ストレスにどう対処すればいいんでしょうか。”という訴えに対して、結論的にはストレスがあってもそれを前向きに考え、それによって苦痛を感じることなく、むしろそれを生かして前向きに進む原動力としていく、それが出来れば精神的歪みはだいぶ改善されます。

 そこで確認しなければならない事ですが、周りの状況に対する自分の見方や、考え方、とらえ方がストレスを作っているという事実です。

要するに、他人や周囲を変えるより、自分を変えるということが肝要であり、もっとも容易であるということです。(原則:「他人と過去は変えられない」)それをどのように変えるのか。薬を使って今よりもう少し周囲に対する反応の感度を下げるとか、しばらく休養して自分を見つめ治し、エネルギーを回復した上で前向きに考えられるようなトレーニングをするとか、仕事をしながらリラックスする法を身につけるとか、一人で抱え込まないで信頼できる第三者に相談し、気分的な負担を軽減させたり、状況を変える手助けをしてもらうとか。

このようないろいろな方法をその人にあった、もっとも効果的と思われる方法を提示し、アドバイスすると同時に、抱え込む負担を専門家として受けとめ、負担を軽減し、いろんな手法を実践していく手助けをするのが、心療内科医の努めだと思います。ただし、心療内科医はあくまで手助けをする立場であって治療の主体は患者さんにあるということが重要です。

 


のむら内科・心療内科クリニック
Please feel free to link to This Site.

のむら内科心療内科クリニック
〒983-0821 宮城県仙台市宮城野区岩切1-26-27 TEL.022-396-8755 FAX.022-396-8750 E-MAIL:office@nomura-psm.net
Copyright(c)2005-2017 NOMURA PSM Clinic. All Rights Reserved.