心療内科とは

<心療内科とは>

心身医学を主に内科領域において実践する診療科です。

基本的コンセプトは”心身相関”です。

患者さんのこころとからだ、そして、その人をとりまく環境等も考慮し、統合的に治療していこうとする医療です。

心療内科医は基本的には内科医であり、あくまで身体症状をもつものを扱います。



<心身症の定義>

「身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的な因子が密接に関与し、器質的、ないし機能的障害が認められる病態をいう。

ただし、神経症やうつ病など他の精神障害に伴う身体症状は除外する。」

すなわち、

器質的障害というのは炎症や腫瘍など、目に見える異常による障害のことです。

機能的障害というのは器質的な異常がなく、レントゲン・CT・内視鏡などの検査をしても異常が見つからず、その働きが障害されているものを言います。

例えば消化管でいうと潰瘍や癌・炎症はないけど腸の動きに異常がある為に腹痛や便秘・下痢等の症状が出るもの(過敏性腸症候群)などがこれにあたります。 また、ストレスにより症状が増悪するのも特徴であり、心身相関に関連する病気を言います。

例えば、高血圧・消化性潰瘍・気管支喘息・関節リューマチ・糖尿病などの中でも、特に、ストレスにより症状の増悪する疾患を高血圧(心身症)などとして心身両面からのアプローチが必要になる例も多く見受けられます。すなわち、心と身体は密接な関係にあり、それらを分けずに診ていこうとする医療なのです。

いずれにしても心療内科は”ミニ精神科”とは違います。

 

 


のむら内科・心療内科クリニック
Please feel free to link to This Site.

のむら内科心療内科クリニック
〒983-0821 宮城県仙台市宮城野区岩切1-26-27 TEL.022-396-8755 FAX.022-396-8750 E-MAIL:office@nomura-psm.net
Copyright(c)2005-2017 NOMURA PSM Clinic. All Rights Reserved.